粉砕・分散アペックスLABO / LABO

アペックスLABO

手軽に粉砕・分散実験ができる小容量ビーズミル!

低価格

概要

湿式ビーズミルのロングセラー「アペックス」シリーズに新たな研究開発用ラボ機が登場しました。低価格で短納期のバッチ式小容量ビーズミルで、しかも生産機へのスケールアップが可能です。

特徴

1.粉砕・分散のテストを幅広い条件で実施可能
ローター周速とビーズ径を組み合わせる事で、「硬い粒子の粉砕」から「低ダメージの粒子分散」まで幅広い処理ができます。
2. 少量サンプルでの基礎研究用に最適
小容量で粉砕、分散のテストが可能で、希少サンプル、多品種の数多い試験、分散剤の選定試験などに最適です。(50〜150mlのサンプルでテスト可能)
3. アペックスシリーズ(生産機)へのスケールアップが可能
「手軽に粉砕・分散処理がしたい」「少量であたりをつけたい」というニーズに応えるために、新しく開発されたバッチ式ミルがアペックスLABOです。
連続循環式ミルのアペックスシリーズにもスケールアップができるため、基礎試験用の装置として最適です。
4. 様々な場所で研究が可能
小型かつAC100V電源対応のため、移動可能で様々な場所で研究が可能です。
分散・粉砕イメージ

仕様比較表

機種 APEX LABO UAM-015
外観 APEX LABO UAM-015
処理方式 バッチ式ビーズミル(湿式) 連続循環式ビーズミル(湿式)
サンプル仕込み量 標準:100ml オプション:50ml,150ml 150ml
ローター先端周速 1.5〜12 m/s 8〜12m/s
モーター動力 0.75kW 2.2kW
電源 AC100V AC200/220V
サイズ 460(L)×370(W)×654(H) 614(L)×566(W)×932(H)
重量 69kg 100kg
load