粉砕・分散アペックスミル・F&M / AMF&M

アペックスミル・F&M / AMF&M

原薬や食品の微粉砕のニーズに対応するために、開発した新装置!

概要

医薬及び食品業界では、原薬や食品の微粉砕ニーズが高まっており、そのニーズに対応するため、新装置「アペックスミル F&Mシリーズ」を開発しました。
F&Mシリーズは洗浄性・異物混入防止を配慮した設計になっています。特に、メカニカルシール装置と駆動用プーリーをなくしたことで、シール水混入や構成部材の摩耗粉の問題がありません。また、分解作業の簡易化、洗浄性に加えて、必要な装置をすべて一体化したオールインワン構造で、医薬・健康食品・食品業界のニーズにお応えします。

特長

1. メカニカルシール装置レス・ダイレクトドライブ構造
回転部のシーリングに流体の動的なシーリングを採用して、メカニカルシール装置をなくしました。メカニカルシール装置由来のコンタミネーションをなくし、分解洗浄時の洗浄性を大幅に改善しました。また、プーリーベルトをなくすことで、ベルト摩耗粉等の混入のリスクをなくします。
2. 分解作業・液回収が容易
縦型ミルであり、分解作業中に液漏れが起きづらい構造です。
また、メカニカルシール装置がないことから、分解作業そのものも簡単に行える構造です。
3. 洗浄しやすい構造
部品分解が容易に行え、粉砕室内部や配管接続部のコーナーの曲線化・デッドスペースをなくす洗浄性を考慮した設計です。
また、センサーや循環タンクも洗浄性を配慮した構造になっています。
4. ユニット化によるオールインワン構造
ビーズミル本体、ポンプ、タンク、制御盤、チラーなどをユニット架台にまとめてオールインワン化。
電源をつなぐだけで、すぐに使用出来ます。ラボなどで、装置移動も容易です。
5. 医薬・食品の粉砕ノウハウ提供
当社の独自実験、お客様からご依頼の実験について多くの経験があり、原薬や食品粉砕のノウハウが豊富です。
お客様のニーズに合わせた粉砕技術のソリューション提供も可能です。また、ビーズコンタミ低減技術もご相談できます。
load