メンテナンス

 各種プラントで使用される高速回転機器は、日常点検以外に定期的なメンテナンスを実施することが機器類の機能を最大限に引き出すとともに、長寿命化を図る最重要ポイントです。
しかしながら、下記諸問題により高速回転機器のアフターサービスが行き届いていないのが現状です。

・団塊世代の熟練技術を伝承する後継者が育成されていない
・メーカーの生産中止や部門縮小により、部品がなくメンテナンスができない
・保全予算縮小や修理期間短縮により、十分なメンテナンスができない
・メンテナンスが自社で行えない

 当社は上記の諸問題を解決すべく遠心脱水機を始めとする高速回転機器および差速装置の専門医を目指しています。
検診にあたる診断技術、診療に当たる状態評価技術、手術に当たる施工技術、健康管理に当たる保全技術を統合して、体に手を添えて人を看るように、構成部品に手を当てて機械を整備、修理します。

 当社は遠心分離機の老舗メーカーとして創業以来、多くのお客様のおかげで、日々、技術力をを高め、今日を迎えることができました。

 今後も常に向上心をを持ち、高速回転機器メンテナンスのスペシャリストとして、社員一同、保全知識取得および組立技量向上を目指し、お客様のご要望に的確にお応えするべく、一層のサービス向上に向けて努力邁進して参ります。

遠心分離機

 長年培った点検・整備の経験より、お客様の稼働状況に合わせた、定期点検および分解整備の中長期的な整備計画を提案し、専門技術者の診断により確実な点検・補修を実施し、機能維持に貢献します。
自社製品以外でも他社製機器の整備実績もございます。

 <対象機器>

    

 <整備実績>

 

 実施内容
   ・ベアリング交換
   ・ベアリング篏合部の補修
   ・オイルシール等消耗品の交換
   ・摩耗部の補修
     スクリューフライト先端刃先、オイルシール接触部、
     固形物出口耐摩耗部品、バスケット

バランス調整

 各種回転機器のバランス調整の実績が多数あり、ノウハウを生かし様々な部品のバランス調整が可能です。
 特に大型のバランスマシーンを保有しており最大Φ2,000mmxL6,700mm・5tの回転体のバランス調整が可能です。

 <バランス実績>

    

 <保有設備>

 

差速装置

 当社では遠心分離機には欠かせない差速装置の整備も実施しております。

 <整備実績>

 

 実施内容
   ・ベアリング交換
   ・オイルシール等消耗品の交換
   ・オイルシール接触部の補修
   ・その他摩耗部品の交換

  

3次元測定器

 当社では3次元測定器で様々なご要望にお応えしております。

 <スペック>

 

 

 用途
   ・古くて図面が無い部品の3D図面化
   ・部品の変形や摩耗を3次元で測定
   ・精密部品の製作精度の確認
   ・筒状または円柱状の同芯度の確認
   ・曲線部分および複雑な形状の部品の寸法精度の確認
   ・距離が長いもの(最大長径20m)でも計測可能

測定方法には接触式、非接触式(レーザー)があり、対象物、用途により、最適な方法を選択し 様々なご要望にお応えできます。

 1)接触式

 対象物に直接接触させて、穴径、中心位置、曲率、平行度、平面度等を計測することが可能

 〇リフレクター測定
   測定誤差:0.001mm
   測定範囲:10m

 

 〇プローブ測定
   測定誤差:0.035mm
   測定範囲:6~7m

 

 

 2)非接触式

 対象物にかざすことでメッシュ(点群)データを取得し、下記写真①のとおり製品の摩耗度や、可変R面等の差異をカラーMAPで視覚的に測定することが可能。
 また、古く図面のない製品を3Dデータとして復元(リバース)に可能。

 〇スキャナー測定
   測定誤差:0.035mm
   測定範囲:6~7m

 

 

 <測定例>

   ①遠心分離機バスケット

 

   ②遠心濃縮機スクリュー

 

   ③遠心分離機ケーキ受けリング

 

保有するその他機械設備

 

主な技術者リスト

 

整備の流れ(例:遠心脱水機)

 

お問い合わせ

<東京本社>
〒160-0022
東京都新宿区新宿1丁目8番1号 大橋御苑駅ビル2階 アクセスマップ»
TEL (03)3226-6511 FAX (03)5363-0583

<大阪>
〒531-0072
大阪市北区豊崎3丁目20番9号 三栄ビル8階 アクセスマップ»
TEL (06)4300-5877 FAX (06)4300-5876

お問い合わせは、こちらからお願いします

load