遠心分離ターボ・カスケード / C

C ターボ・カスケード

大きな粒子の脱水に特化した連続遠心分離機!

概要

ナイロン、ポリエステル等の樹脂ペレットのように大きな粒子の脱水用に開発された連続式の遠心分離機です。

特徴

1. シンプルな分離機構

差動機構がなく、処理物自体に作用する遠心力によって製品が連続的に排出されるため、消費電力が少なくなります。


① フィードパイプから供給されたスラリーがガイドプレートのホッパー部へ入り、加速され、強制的に1段目のバスケットへ送り込まれます。

② スクリーン付きのバスケットが高速で回転し、ろ液バスケット外周方向へ振り飛ばされます。

③ ろ過された製品は、遠心力の分力の作用で、1段目、2段目、3段目とバスケット大径側へ滝が回転している様に流れ落ちます。この振り切り効果により、一層強力な脱水が可能となります。

④ 製品はこの様な作用を連続して受け、最終的にバスケット端部より排出されます。

2. 軽量、コンパクト、高いメンテナンス
ターボ・カスケードはシンプルな構造なので、軽量、コンパクトでメンテナンスが容易です。また、イニシャルコストも低く抑えられます。

構造

主軸は、ハウジングに設けられた2個の軸受で支持され、先端には段付バスケット、他端に駆動部が取り付けられています。
バスケットを含む脱水部は、脱水された製品やろ液の飛散を防止するため、ケーシングで覆われ、原液を供給するためのフィードパイプが取り付けられています。バスケットの内面には、各ステージごとにステンレス製の金網が付いています。ガイドプレートは脱水された製品の飛び跳ねを防ぎ、製品の滞留時間を延ばして脱水効果を高める役目を果たします。
また、主軸に軸シールを設けることにより脱水室を密閉状態(内圧0.06MPa以内)にすることができます。このように、非常にシンプルな構造に加え、軸受部の潤滑方式が油浴式であるため、保守点検が容易です。

各機種ラインナップ

ターボ・カスケード ラインナップ
型式 C400G C520G C700G
バスケット径 (mm) 400 520 700
製品標準処理量 (ton/hr) 3 6 12
バスケット回転数 (min-1) 2400 2050 1750
遠心効果 (G) 1200 1200 1200
電動機出力 (kW) 7.5 11 22
標準寸法 (mm) L 1350 1700 2100
W 800 1450 1800
H 1150 1350 1700
重量 (kg) 900 1500 2100
load