濃縮・洗浄ロータリーフィルター / RF

RF ロータリーフィルター

密閉構造のろ過室でサブミクロン領域までの脱水・濃縮・洗浄を自動連続処理できる!!

概要

ロータリーフィルターはクロスフローろ過(動的ろ過)の原理を取り入れた連続自動運転が可能なユニークな加圧ろ過装置です。
完全密閉構造のろ過室内にろ過板と撹拌板を狭い間隔で交互に配列し、撹拌板はろ過運転中に常時回転します。撹拌板の回転によって得られるクロスフロー効果によって安定したろ過速度が得られます。
原料スラリーはろ過室の一方から加圧供給され、ろ過板を縫って移動する間にろ過濃縮され、ろ過室の他方に設けた排出弁から濃縮液又はペースト状のケーキとして排出されます。ロータリーフィルターでは濃縮・脱水処理に加え、ろ過操作を利用して液中に含まれる溶質分の洗浄(不純物の除去)が可能です。

特徴

1. 高いろ過性能で長時間連続運動ができ、ろ過処理の時間を大幅に短縮できる!!
ろ材上の乱流がケーキ層厚みを薄い状態で安定させる為、高いろ過速度を維持します。洗浄工程では不純物の排出速度が高くなり、また、粒子を分散した状態で洗浄するので、短時間で高い洗浄度を達成できます。
炭酸カルシウムスラリーの洗浄例
2. プロセスの自動化で品質管理を容易にし、生産コストを削減できる!!
スラリー洗浄度、ケーキ脱水度を数値化し、製造プロセスを自動制御することで品質管理を容易にします。脱水工程では安定した濃度のケーキを連続で排出できるのでハンドリングが良く、ろ過後の機械洗浄も自動で行います。歩留りが向上し、人手も掛からない為、生産コストを削減できます。
3. 処理を完全密閉化した状態で行い、作業環境をクリーン化できる!!
ケーキ排出や機械洗浄の際、ろ過室の分解が一切必要ない為、全ての処理を完全密閉化した状態で行います。
作業環境をクリーン化し、スラリーの飛散や臭気の拡散を防止できます。

構造

構造

密閉型自動連続加圧ろ過機 早見表

機械 ロータリーフィルター【RF】
適用粒子
サイズ
微粒子
サブミクロン 〜 100μm
処理内容 洗浄、濃縮、脱水
ろ材 ろ布
ろ過速度 200 〜 2000 L/㎡hr
用途
  • 電子部品材料(MLCC、磁性体 等)
  • 二次電池向け材料
  • 金属水酸化物、酸化物
  • 顔料(トナー、かラーフルターレジスト 等)
  • 化粧品材料(炭酸カルシウム、酸化チタン 等)
  • 金属リサイクル
  • 原子力設備の廃水処理

用途

電子材料の精密洗浄、磁性材料の洗浄・脱水、金属水酸化物、酸化物の洗浄・脱水、セラミック材料の洗浄・脱水 電池材料の洗浄・脱水、原子力ランドリー排水の脱水 等

各機種ラインナップ

ロータリーフィルター
型式 ろ過面積(㎡) 主電動機(kW) 全長(m) 幅(m) 高さ(m) 概算重量(kg)
RF-02 0.18 3.7 0.95 0.60 0.95 550
RF-1 1 5.5〜7.5 1.50 0.80 1.20 750
RF-2.5 2.5 11〜15 1.70 0.90 1.40 1200
RF-5 5 22〜30 2.00 1.30 1.60 1700
RF-10 10 37〜45 3.20 2.00 1.40 3900
RF-20 20 45〜55 3.50 2.30 1.95 5800
RF-30 30 55〜90 3.90 2.40 2.10 8000
load