ろ過分離自動式バスケット型遠心分離機

自動式バスケット型遠心分離機

使いやすさと、経済性を追求した自動遠心分離機の基本形

概要

セ竪向きに回転するバスケット側面にろ材を取り付け、「起動」「給液」「脱液」「ケーキ洗浄」「脱水」「制動」「掻取」まで、一連の工程を全自動で行うことが出来る遠心分離機です。
駆動部・制動部は消耗品の少ないシンプルなバスケット型遠心分離機です。インバーターによる周波数制御により、処理物の性状に応じた回転数の運転を可能としました。
防爆型電気機器の採用により、防爆場所への設置も可能です。

特長

1. 処理物の性状に応じた回転数で運転可能
インバーターによる周波数制御により、回転数を任意に可変することがで、処理物の性状に応じた回転数で運転が可能です。起動時、制動時を含め従来機に比べ、スムーズで静かな運転を実現しました。
2. スムーズなケーキ排出
フレームリブ部の高勾配化と、フレームに一体化された排出口により、ケーキがスムーズに排出されます。
3. メンテナンス費用の削減
フリクションクラッチ、ブレーキ装置などがないシンプルな構造と、軸受け部の改良によりメンテナンス費用の削減を実現しました。
4. 防爆場所への設置も可能
フリクションクラッチ、ブレーキライニングを使用しておらず、防爆型電気部品を使用することにより防爆場所への設置が可能です。

構造

運転操作
・バスケット内部にろ布を装着しバスケットを回転させます
・バスケットが所定の回転数になると、給液パイプより給液がスタートします
・ろ布を介し、遠心力で水分が外側に排出され、固形物がろ布上に残ります
・固形物のオーバーチャージを防止するため、満杯検出装置が設けられており、バスケット内の固形物堆積層が一定の厚みになると、供給を停止します
・給液工程が終わると「脱液」「ケーキ洗浄」「脱水」を行い、回転を止めます
・最後にバスケットを低速回転させ、バスケット内壁に付着した脱水ケーキを、掻き取り装置により機械下部に落下させます
・この一連の動作を全て自動で行うことが出来ます

オプション

残留ケーキ剥離システム

1. レジスタンスリムーバー(特許 第3876238)
掻き取り後の残留ケーキに回転刃(ディスク)を食い込ませることで残留ケーキを剥離させます。既設機(他社製品含む)にも取り付け可能です。エアーブローとの併用で、更に剥離性能を向上させることが可能です。
2. 自動排出口ダンパー
給液、洗浄、脱液中の溶剤落下、ガス・悪臭による現場環境の汚染を防止する効果が有ります。
3. 自動スキミング装置
バスケット内に供給されたスラリーを沈降分離させた後、内側の清澄液を機外に自動的に排出します。

用途例

食品  有機化学 無機化学
・機能性糖類 ・セルロース ・次亜塩酸ソーダ
・グルタミン酸ソーダ ・フッ素化合物 ・シリカ
・調味料 ・有機EL材料 ・カルシウム
・塩 ・感光材 ・酸化チタン
・ゴマ ・医薬中間体 ・活性炭
・香料 ・酸化防止剤 ・苛性ソーダ
・機能性食品 ・ポリ乳酸 ・炭酸ナトリウム
・食用油 ・農薬  
  ・化粧品原料  

※その他、様々な固液分離の実績が有ります。ご不明点は弊社までお気軽にお問合せください。

各機種ラインナップ

 

本装置はタナベウィルテック株式会社との提携商品です。